アーカイブ | RSS |
投稿日時: 2017-09-10 16:34:53 (562 ヒット)

夜は、気温が10度以下になる日が多くなり、秋を感じさせる気候になってきましたが、
雨が少なくきのこの出が心配されていました。 数日前に2日続けきのこて雨が降り、
やっとハナイグチを始め秋のきのこが出始めました。
もう一度、まとまった雨が降れば一気にキオコの出が良くなると思います。
<現在出ているきのこ>
ハナイグチ、カラマツベニハナイグチ、ヌメリイグチ、ヤマドリタケ、タマゴタケ、
ハナビラタケ、サクラシメジ、ニンギョウタケ、オオキツネタケ、ハタケシメジ、
オオツガタケ、 ドクヤマドリ(毒)、ドクツルタケ(毒)、クサウラベニタケ(毒)、
テングタケ(毒)、ツノシメジ(不明)、ベニタケ類など

 


投稿日時: 2017-07-28 08:33:19 (841 ヒット)

今年は、空梅雨・猛暑の水不足で夏きのこの出が遅れ心配していましたが、

3日連続の夕立があり、やっと出始めました。一安心というところです。

24日夜にも夕立があり、今後に期待が持てます。

 


投稿日時: 2017-07-04 17:57:18 (1029 ヒット)

早、夏きのこシーズン到来か!?

神奈川きのこの会が、7月1〜3日に松原湖高原で研究会を行いました。

2007年、2011年に続いて3回目になります。

梅雨時は、キノコが多種類派生する時期ですが、今年は梅雨入りしても

雨がほとんど降らないカラ梅雨で、きのこの発生も心配されましたが、

5日前に少しまとまった雨が降り、7月1日も雨となり、例年ほどとはいかないが

ある程度のきのこが採集でき、同定作業研究会が実施できました。

↓採集したきのこの分類・同定作業

 

↓顕微鏡を使っての同定作業

 

↓カンムリタケ(子のう菌類)・・・湿地帯の水の中から発生する非常に珍しいきのこ

 

 ↓キイロスッポンタケ・・・ブナ林に発生するが、松原湖高原では珍しい

 

↓タマゴタケの幼菌

 

↓粘菌類

 

↓もう、ハナビラタケが発生!

 

 


投稿日時: 2017-05-30 20:53:10 (1707 ヒット)

山菜は、最初は平年より1週間ほど遅れぎみでしたが、5月中旬の暑さにより

ワラビなど一斉に成長して平年並みに戻ってきました。

今採れている山菜…ワラビ、シドケ(モミジガサ)、ウド、セリ、フキ、ミツバ、

イタドリ、ノビル、ギボウシ(ウルイ)、サンショウの芽、アカシアの花など

ワラビ大収穫に満足!!東京都の竹内さん夫妻


投稿日時: 2017-05-18 09:03:07 (1884 ヒット)

山菜採りは、これからが佳境です。

コゴミはほぼ終わりに近づきましたが、ワラビ、シドケ・ウド・ゼンマイなどが採れ始め、

山菜はこれからが最盛期を迎えます。山菜採りは、7月中旬頃まで楽しめます。

今採れている山菜・・・ワラビ、ゼンマイ、シドケ、ウド、セリ、ノビル、タラの芽、ハリギリ(オニダラ)

ミツバ、アケビの芽、サンショウの芽、フキなど


(1) 2 3 4 ... 10 »
オプションプラン・ご案内
予約状況・お知らせ:カレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2017年02月 次月
1
2
3
4
  • 2月の満室日
5
6
7
8
9
10
11
  • 2月の満室日
12
13
14
15
16
17
18
  • 2月の満室日
19
20
21
22
23
24
25
  • 2月の満室日
26
27
28
2017-09-20

カレンダの終端です。

 

ご予約はこちらから
自然楽しむ・冬を楽しむ
松原湖には手つかずの自然がいっぱい